頭皮がべたついているときは、どうすればいいんとなっているのです? 頭皮がべたついているときは、食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)を改善し、脂質と糖分の摂取を控えると、頭皮のべたつきを抑えることができます。 頭皮がべたついているのは、体内の中性脂肪が増えているのが原因なんです。 体内の中性脂肪(メタボリックシンドロームの診断基準の一つで、多すぎると健康を損なうとされています)が増えていると言う事は、脂質や糖質(脂肪の合成を促進し、分解を抑制するといわれており、とり過ぎは肥満の原因になるでしょう)を多く摂取していることを意味します。 揚げ物や肉類、甘い物を多く摂取することで、体内の中性脂肪(メタボリックシンドロームの診断基準の一つで、多すぎると健康を損なうとされています)は増えてしまうのです。 体内の中性脂肪(中性脂質ともいい、脂肪酸のグリセリンエステルのことをこう呼びます)が増えると、皮脂の分泌量も増えてしまうでしょう。 すると、毛穴から通常よりも多く皮脂が出てしまいます。 皮脂が多くなることで、頭皮がべたついてしまうわけです。 それに、皮脂が多くなると、単に頭皮がべたつくだけでなく、その皮脂が毛穴に詰まってしまって、頭皮(最近では、頭皮ケアや頭皮エステが流行っていますよね)の環境が悪化します。 髪の毛が抜けやすくなったり、次に生えてくる髪の毛が健康な髪の毛ではなくなってしまうのです。 健康な頭皮、髪の毛を維持したいのであれば、脂質と糖質の摂りすぎに注意しましょうー